函館情報

【札幌-函館間】地元人が使う交通手段は?車・JR・バス・飛行機の移動方法を徹底比較!

観光に来てくれる人が多い北海道。
以前は国内外の団体旅行のバスがたくさん停まっていましたが、今ではすっかり自分たちで飛行機やホテルの手配をする個人旅行が多くなってきました

しかし、北海道の想像以上の広さに驚く人が多いようで。笑

北海道と本州の地図を重ねてみました。
北海道の広さがわかりますね。

北海道はとても広いので、複数の地域に行くには道内を移動する必要があります。

移動手段も車、JR、バス、飛行機と様々。

このページでは、北海道内の移動の中でも札幌と函館を地元の人がどうやって移動しているのか、おすすめの移動方法を紹介します。

Muu
Muu
ガイドマップには(たぶん)載ってないよ!

主な交通手段は4つ

札幌出身で函館在住の私が何十回と札幌-函館間を往復してきた経験上、札幌と函館を移動する主な交通手段は4つです。

  1. JR
  2. 飛行機
  3. 高速バス

それぞれにメリット・デメリットがあるので、順番に紹介していきますね。

車の場合

函館は車社会で一人一台が当たり前の土地柄なので、函館に住んでいる多くの人は、おそらく車で札幌に行くことがほとんどでしょう。
私も車で往復した回数が一番多いです。

こんな人にオススメ
  • グループでワイワイ移動したい
  • まわりの目を気にしたくない
  • 観光しながら移動したい
Muu
Muu
子連れにもオススメ!

函館駅前や空港周辺にはレンタカーがたくさんあるので、飛行機や新幹線で来ても車で移動できます。
レンタカー会社によっては函館で借りて札幌で乗り捨てるパターンも可能です。

私も普段はコンパクトカーを乗っていますが、両親や子供と一緒に移動する時はレンタカーで大きい車をかりて使います。
物理的にも精神的にもとってもラクです。

車で移動といってもいろんなルートがあります。

その中でも使う人が多い3つのルートを紹介します。

函館市内と札幌-函館間は警察の取締りポイントがたくさんあります。
※「北海道取締りポイント」という神マップを作成してくれている人がいました!感謝!!

安全運転でいきましょう!

※所要時間と距離はGoogleマップ調べ。実際とは多少異なる場合があります。

全て高速道路を通る

一番わかりやすくてシンプルなのは、函館から札幌まで全て高速道路を通って行く方法。

※Googleマップの縮尺がうまくいかず、見づらくてすみません。
右下の「-」で縮小すると見やすいです

高速道路は札幌から函館までノンストップで行けるわけではありません。
函館側は森町(大沼公園IC)で一旦終点になります。


ちなみに函館ICから大沼公園ICまでは約30分です。

所要時間 約4時間7分
距離 約316km

割引があるときも!

3日間乗り放題7,900円とかそんな感じの割引がたまにあります。

うまく使うと札幌-函館間だけじゃなく、富良野や旭川にもお得に行けるのでオススメです。

車線に注意

道央道は函館側終点の大沼公園ICから登別室蘭ICまでは片側1車線です。

1車線でもお盆やGW以外はあまり車が走っていないのでスムーズに走れます。

Muu
Muu
時々追い越し車線があるよ

登別室蘭ICからはずっと札幌まで片側2車線です。

北海道内の移動初心者におすすめ

北海道内の移動が初めての人は高速道路での移動がおすすめです。

北海道民は決して運転マナーが良いとはいえないので、信号もなくカーブもない高速道路はとっても走りやすいんです。

  1. 海沿いのルートなので距離が長くなる
  2. 峠を通らないから冬は特にオススメ
  3. 割引でお得に行けるときもある
  4. 車線数に注意しよう
  5. 道内移動初心者は特に運転しやすい

冬は天候によって突然通行止めになる場合があるので、高速道路で移動する場合は交通情報をこまめにチェックしましょう。

全て一般道を通る(高速道路を使わない)

道の駅などに寄りながらのんびり移動するなら、函館から札幌まで高速道路を使わずに全て一般道を通る方法もあります。

※Googleマップの縮尺がうまくいかず、見づらくてすみません。
右下の「-」で縮小すると見やすいです

森町から長万部までは海沿いを進むので、晴れた日は海を横目に気持ちよく運転しながら移動できます。

一般道はとにかく警察が多いんです!
各地に警察の取り締まりポイントがあるので、走りやすいからとスピードの出し過ぎには要注意。

※「北海道取締りポイント」という神マップを作成してくれている人がいました!感謝!!

所要時間 約4時間34分
距離 約252km

静狩峠と中山峠を通る

札幌-喜茂別間に中山峠、豊浦-長万部間に静狩峠があります。

夏場の中山峠は景色がよく、羊蹄山も見えます。
中山峠の道の駅にある、じゃがいもを揚げた「あげいも」は地元の人も中山峠を通ると買って食べるくらいおいしくてオススメです。

Muu
Muu
札幌から函館へ向かって左側にあるほうがオススメ!

高速道路を通らずに全て国道を通るこのルートは、峠を2つ越えなければならないので特に冬は注意が必要です。
冬は地元の人も高速道路に乗る人が多いくらい滑ります。

車酔いする人は要注意

峠はもちろん、峠ではないけれど山を越えるための道がたくさんあります。

連続急カーブ多発なので、車酔いする人は酔い止めを飲んで対策をしましょう。

Muu
Muu
子連れにはツラいかも・・・

また、連続急カーブは事故も起こりやすく、外国人ドライバーの死亡事故があったというニュースも見ました。

くれぐれも安全運転でいきましょう。

距離が短い=短時間ではない

峠は制限速度が40~60キロのところがたくさんあります。

そのため距離が短くても時間がかかってしまうため、全て高速道路で移動するよりも所要時間がかかります。

  1. 全て高速道路を通るよりも距離が短い
  2. 観光しながら移動できる
  3. 中山峠と静狩峠を通らなければならない
  4. 冬場(10月上旬~5月上旬)は雪道になる
Muu
Muu
峠はGWも冬タイヤが必要!

晴れた日はとっても景色がよくて海も山も楽しめるコースなので、6月~9月に札幌-函館間を移動するならオススメの移動方法です。

高速道路&一般道の合わせ技

地元の人に密かに人気なのが、札幌-豊浦間を一般道、豊浦-函館間を高速道路という合わせ技のルートです。

※Googleマップの縮尺がうまくいかず、見づらくてすみません。
右下の「-」で縮小すると見やすいです

あくまで私の見解ですが、実際に車で何度も走ってみて函館-豊浦間でいかに時間を縮められるかで、札幌に着く時間が決まる気がしています。

このルートは高速道路と一般道をいいとこどりしたルートなんです。

所要時間 約4時間11分
距離 約257km

ショートカット多用する人も

各地でこまめに5分ずつくらいのショートカットを何個か使い、3時間40分で移動したことがある人もいるくらい、実は裏道のショートカットがたくさんあります。

裏道を紹介したいところではありますが、山道や細い道を通ることもあるので安全のために割愛させていただきます・・・。

連続急カーブあり

このルートも全て一般道を通るルートと同じ連続急カーブの道を通ります

車酔いする人や子どもと一緒に移動する人は避けたほうがいいかもしれません。

  1. 節約しながら短時間で移動できる
  2. 札幌-函館間の車移動経験者におすすめ

「観光しながら」や「運転しやすい道で」ではなく、あくまでも「移動」するだけなら一番オススメのルートです。

車での移動まとめ

札幌-函館間を車で移動する3つのルートを比較しました。
(※所要時間と距離には”約”がつきます。)

高速道路 一般道 高速&一般
所要時間 4時間7分 4時間34分 4時間11分
距離 316km 252km 257km
ポイント ・距離が長い
・走りやすい
・冬は要注意
・峠を2つ通る
・移動経験者向け

車での移動を考えているなら、人数や状況によってどのルートで移動するのか参考にしてみてくださいね。

JRの場合

長距離運転が苦手な人や、駅弁を食べながらゆったり移動するならJRがおすすめ。

函館駅

札幌駅

指定席を予約しよう

JRで移動するなら断然指定席がおすすめ。
外国人観光客の団体さんと一緒になると自由席はすぐ埋まってしまいます。

座れないと約4時間も立ちっぱなしになってしまうので、できる限り指定席を予約しましょう。

自由席の場合

指定席が取れなくて自由席になる場合は始発駅から乗りましょう

さらに発車時刻の最低30分前には駅のホームで並んでいないと座れない可能性があります。

冬の駅のホームは極寒です。
どうしても無理な場合を除いて、事前に指定席を予約することをオススメします。

北海道新幹線が見られるかも

2016年に開業した北海道新幹線の新函館北斗駅を通ります。

タイミングが会えば緑色の北海道新幹線が見られるかも!

特急じゃないと無理

札幌-函館間のJRは、普通と特急があります。

「各駅停車の普通列車でのんびり行こう~」なんて思っても、乗り継ぎ乗り継ぎで10時間以上かかるらしいので必ず特急に乗りましょう。

所要時間 約3時間48分
運賃 9,440円
(運賃6,270円+指定席3,170円)

JR北海道ではお得な割引切符があるので、ホームページで該当する割引が無いか事前にチェックしましょう。

切符は窓口でも買えますし、切符によってはホームページからも購入できます。

Muu
Muu
JR+ホテルのセットプランも安くてオススメ!

バスの場合

夜間を有効利用したいならバスがおすすめ。
夜に函館を出発して明け方に札幌に到着する便もあります。

Muu
Muu
昼間の便もありますよ!

私は主に車移動なのでバスを利用したことはありませんが、結構快適らしく地元の人でも必ずバスで移動する人もいます。

北斗交通・中央バス・北海道バスの共同運行です。
ちなみに名前は高速はこだて号

札幌や函館にある窓口でも買えますし、直前じゃなければインターネット予約ができます。

所要時間 約5時間30分
運賃 片道4,900円

トイレ休憩がある

5時間以上もバスに乗りっぱなしだと心配なのがトイレ問題。

バスの車内にもトイレがあるので、いざという時も大丈夫。

札幌-函館間のバスは高速道路を通り、途中パーキングエリア等でトイレ休憩があるので、車内のトイレを使うことに抵抗がある人も安心です。

座席と座席の間が広い

バス会社のホームページに↓こんな画像があったので、シートは独立式のようです。

※東京バスグループ 北海道バスHPより引用

Muu
Muu
背もたれを倒しても大丈夫!

夜は消灯してみんな寝てるそうなので、日中たくさん動くために夜間を有効活用したい人には特にオススメの移動方法です。

飛行機の場合

実はぜひともオススメしたいのが飛行機です。

私も最近は飛行機ばかりです。

時間短縮できる

一番の魅力は移動時間が短縮できることです。

移動時間比較
最短 約4時間7分
JR 約3時間48分
バス 約5時間30分
飛行機 約40分

え?

40分!?

そうなんです。
札幌-函館間は飛行機だと約40分で着くんです。

空港への移動等の時間を合わせても、他の移動方法よりも断然短時間で移動できます。

しかも函館空港と札幌丘珠空港は小さい空港なので、羽田空港のように空港内をほとんど歩きません

札幌丘珠空港は搭乗口も到着口も1つだし、函館空港も荷物を受け取ってから最短100歩で外に出れそうなくらいの規模です。

そのため無駄な時間が無く、スムーズに札幌-函館間を移動することができます。

意外と便数が多い

同じ北海道内だけど札幌-函館間は最大往復6便も飛んでいます。

札幌丘珠-函館 JAL 1日4~6便(時期による)
新千歳空港-函館 ANA 1日2便

空港が近いのも魅力

特に函館空港は市街地から近くて有名です。

函館空港
  • 函館駅からシャトルバスで20分
札幌丘珠空港
  • JR札幌駅からタクシーで20分(2,700円位)
  • JR札幌駅から地下鉄+バスで40分
新千歳空港
  • 札幌駅からJRで40分

 

飛行機での移動まとめ

札幌-函館間を飛行機で移動する方法を比較しました。
(※所要時間と運賃など”約”がつきます。)

札幌丘珠-函館 新千歳-函館
所要時間 40分 40分
運賃 18,800円
旅割で6,300円の時も!
18,800円
先得で9,300円の時も!
航空会社 JAL ANA

旅割や先得で購入できれば、JRよりも安くなおかつ超時間短縮が可能です

私はいつも格安航空券モールで購入して函館ー丘珠を利用しています。

まとめ

札幌-函館間を移動する4つの方法を紹介してきました。

時間を優先するのかお金を優先するのかなど、旅行スタイルによって選択肢は様々です。

移動方法に失敗すると気力も体力も減ってしまい、せっかくの旅行がとっても疲れてしまいます。

北海道は素晴らしいところがたくさんあって、ぜひ見てほしいところもいっぱいあります。

せっかっく北海道に来てくれるなら、後悔しない移動方法を選択してぜひとも満喫して行ってくださいね!